大阪府池田市の田村商会グループホームページへようこそ!このページは阪急池田駅・阪急石橋駅・北摂・阪急宝塚沿線の不動産情報・住宅情報発信サイトです。賃貸マンション・貸家・月極駐車場・駐車場・貸店舗・貸事務所・賃貸情報を提供する賃貸管理を専門とするアミティーハウス、売り土地・新築戸建・中古戸建・住宅・中古マンション・収益物件などの売買物件を提供する創業昭和24年の田村商会で組織されています。

現状有姿の引渡し

不動産の引き渡し条件で「現状有姿」という言葉をよく使います。

今ある姿のままで引渡しとなります。という意味ですが、誤解を招くときがあります。

中古物件の取引で空家の場合、自分が住んでいた時には使えていた付帯設備が

契約後から引渡しまでの間に故障をしていることがあります。

通常の取引では、売買契約をして1ヶ月や2ヶ月後に引渡しとなりますから、

故障がいつ発生したのか調べることはできません。給湯器や換気扇など耐用年数が経過している

付帯設備は突発的に故障することがよくあります。

契約書の付帯設備表には故障や不具合がないと書いてあって、引渡し後に確認したら

故障していたというケースはたまにあります。

通常は引渡しから1週間以内に限り、もし故障や不具合があれば売主が補修するという文言が

契約書に入っていますが、現状有姿で引渡しと思っていた売主から費用負担したくないと

言われる時があります。

また、設備によって年数経過でメーカーの部品が製造されていないため、補修ができず、

交換しか選択肢が無い時もあります。契約書には補修に限ると書いてあり、交換の費用は

負担できないと売主から言われ、トラブルになる時もあります。

売主が故障していることを知っていて、隠しているケースはほとんど無いと思いますが、

引渡し後に見解の相違で揉めることがありますので、現状有姿で引渡しの場合、

その中身(意味)をよく確認して下さい。

過去記事一覧

池田のいきつけ

池田市保育園・幼稚園一覧

池田市小中学校区一覧

アンケートモニター提供元: ゼネラルリサーチ
調査期間:2020年12月3日~7日
調査方法:インターネット調査
調査概要:不動産会社(池田市エリア)10 社を対象にしたサイト比較イメージ調査
調査対象:全国の30代~60代の不動産売買経験のある男女 1017名